FC2ブログ







実はクルマに詳しくなかったモンキー・パンチさん

実はクルマに詳しくなかったモンキー・パンチさん

平成の最後に、昭和から平成の日本アニメを代表する「ルパン三世」の原作者、モンキー・パンチさんが亡くなった。このニュースにショックを受けたのは、勿論小さい頃から「ルパン三世」のTVアニメシリーズをリアルタイムで見てきた世代だということに加え、彼の亡くなった原因が誤嚥性肺炎だったこと[1]。私が3月から実家と行ったり来たりしているのも、父がまさにこの病気で死にかけたからだ。

父は何とか回復したものの、ルパンの産みの親は帰らぬ人となった。嚥下機能が低下すると独居生活では再発のリスクが極めて高く、身体機能と認知機能も急激に低下した父の新しい生活拠点を探すために帰省していた合間、ルパン三世関係の古本がないか探してみた。で行ってみた先が福岡市内の「まんだらけ」。ありましたいいのが。いずれもパンチ氏作のコミック本ではなく関連ムック本。以前から探していた『大塚康生のおもちゃ箱』(自費出版同人誌)と『THE ルパン三世 FILES ルパン三世25年全記録』(キネマ旬報)の二冊。

フィアット・500@ルパン三世
出典:fiat magazine CIAO!

前者は「車の画帖/ジープが町へやってきた」で紹介した大塚康生氏が1996年に自費出版したもので、あっという間に完売して2002年に再版。これも2002年には完売している(購入したのは緑表紙の再販版。Part2も2012年に発行されているが現在通販一時休止中。在庫切れではないそうです)。この同人誌は彼が小・中学生時代に夢中で描いていた機関車画に始まって、宮崎駿など東映動画『太陽の王子ホルスの大冒険』班の仲間たちが描いた絵の数々、『カリオストロの城』で有名になったかつて大塚さんの愛車チンク(フィアット500)のイラストがてんこ盛り収録された貴重な落書き帖である。

大塚康生の世界

ルパン三世といえば、先のチンクやドゥシェ(シトロエン2CV)のイメージが強いように、小道具としてエンスーなクルマが登場することが多いので、モンキー・パンチさんさぞやクルマがお好きなんだろうなあと思っていた。ところがまんだらけで購入した後者の雑誌の大塚さんのインタビュー記事を読むと、パンチさんはクルマのこと何も知らなかったらしい。

大塚さんはルパン三世のTV放映が決まる前のパイロット版制作の頃からルパンに関わっていた。当時はキャラクターや小道具の各作画は誰々と分担していて、 自動車の絵は詳しかった大塚さんが担当していたとのこと(山小屋の爆発シーンも担当だったらしいが彼は爆薬にも精通していたのか?)。そこにTVシリーズの演出を担当したおおすみ正秋や実名を伏せて演出に加わった宮崎駿らの好みで車種が決められた。だからルパン三世の愛車=ベンツSSKやチンクの設定は、モンキー・パンチさんではなく、彼らが創り出したものだったのだ。後日、オリジナルのコミック本ではどんなクルマが描かれていたのかを確認しようと、用事のついでに再びまんだらけを覗いたらコミック本1冊も残っていなかった(涙)。

ルパン三世に登場した名車たち
メルセデス・ベンツSSK@ルパン三世
メルセデス・ベンツSSK(TVシリ-ズ1「ルパン三世」より)
出典:BatQue 
アルファロメオ・グランスポルト・クアトロルオーテ@ルパン三世
アルファロメオ・グランスポルト・クアトロルオーテ(TVシリ-ズ2「新・ルパン三世」より)
出典:NAVERまとめ 
シトロエン・2CV@ルパン三世
シトロエン・2CV(映画『ルパン三世 カリオストロの城』より)
出典:シトロエン名古屋
オースチン・ミニクーパーMk-1@ルパン三世
オースチン・ミニクーパーMk-1(映画『ルパン三世 ルパンVS複製人間』より)
出典:疲れた摩天楼のオアシス 
アルピーヌ・A110@ルパン三世
アルピーヌ・A110(TVスペシャルシリ-ズ「炎の記憶〜TOKYO CRISIS〜」より)
出典:L3雑録 
AC・コブラ427@ルパン三世
AC・コブラ427(TVスペシャルシリ-ズ「EPISODE:0 ファーストコンタクト」より)
出典:L3雑録
スバル・サンバー@ルパン三世
スバル・サンバー(TVシリ-ズ2「新・ルパン三世」151話「ルパン逮捕ハイウェイ作戦」より)
出典:ルパン三世とスバル・サンバー。
三菱・500@ルパン三世
三菱・500(TVスペシャルシリ-ズ「ルパン三世 the Last Job」より)
出典:漫画アニメ登場品 

番外編:銭形警部とパトカー
スバル・レオーネ@ルパン三世
スバル・レオーネ(TVシリ-ズ2「新・ルパン三世」151話「ルパン逮捕ハイウェイ作戦」)
出典:【ZERO to One】ブログ手記
日産・ブルーバード410型@ルパン三世
日産・ブルーバード410型(映画『ルパン三世 カリオストロの城』より)
出典:君はルパン三世の銭ブルを知っているか

参考・引用元[2]~[7]を記したように、ググってみると多くの記事でルパンとクルマの関係が言及されているくらい、エンスーも心躍る漫画という世間の評価なのだと思う。しかし実のところは大塚やおおすみ、宮崎らの演出、というより趣味の世界だった。特に『カリオストロの城』以降、クルマも含め良くも悪くも宮崎ルパンのイメージが作り手側も含めて定着してしまった。モンキー・パンチさんも宮崎版に敬意を表しつつ、オリジナルのルパンはちと違うと戸惑っておられたようだ(大塚先生も宮崎演出は真面目すぎ、俺は不真面目と盟友ならではの愛あるダメ出しをされているw。宮崎駿、我が強いからなあ…)。後年パンチ氏自らが監督した劇場映画『ルパン三世DEAD OR ALIVE』(1996)では原点に帰って、オリジナルのハードボイルドタッチに拘ったそうだ。これ、追悼放映して欲しいんだけど。



とはいえ、その宮崎流の元になったルパン三世の強烈なキャラクターたち(声優さんも含めてね)を創造したのは紛れもなくモンキー・パンチさん。原作者の偉大さを再認識した次第である。合掌。

モンキー・パンチ
モンキー・パンチさん[1]

[参考・引用]
[1]モンキー・パンチさんの命を奪った急増する「誤嚥性肺炎」の恐怖 医師が指摘する“危ない習慣”、AERA dot.、2019年4月17日、
https://dot-asahi-com.cdn.ampproject.org/c/s/dot.asahi.com/amp/wa/2019041700050.html?usqp=mq331AQPCAEoAZgBg7f074aclutD
[2]【ルパン三世の歴代愛車】人気投票ランキング結果 & 裏設定・歴史紹介!、BatQue、2018年12月8日、
http://batque.com/feature/108
[3]【追悼モンキー・パンチ】『ルパン三世』に登場した名車たち、チンクチェント「フィアット500」から「スバル・サンバー」までを一挙紹介!、栗原淳、clicccar、2019年4月18日、
https://clicccar.com/2019/04/18/744255/
[4]【20種類】ベンツSSK~FIATまで!ルパン三世の愛車の遍歴まとめ、クルママガジンイキクル、2016年6月5日、
https://ikikuru.com/entertainment/lupin-the3rd/
[5]ルパンが乗ってる車 ルパン三世の愛用車 フィアット 他まとめ。、NAVERまとめ、2017年12月19日、
https://matome.naver.jp/odai/2143490047350081201
[6]追悼、モンキー・パンチさん ルパン三世シリーズに登場した名車5選、くるまのニュース、2019年4月18日、
https://kuruma-news.jp/post/141594
[7]ルパン三世の愛車の種類一覧や値段は?フィアットやベンツでデートにも最適?、アニメ声優演技研究所、
https://siyuukingdum-animeaudition.com/animation-engilabo/rupin3rd-car-3594
スポンサーサイト



[ 2019/05/11 22:14 ] bookshelves/本棚 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ehonkuruma.blog.fc2.com/tb.php/893-333806a6