FC2ブログ

クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためだけじゃないクルマ絵本ライブラリー

テニスの世界もトランプ化なのか・・・  

テニスの世界もトランプ化なのか・・・1
テニスの世界もトランプ化なのか・・・2
出典:ELLE girl & 東スポweb

昔はグランドスラム(GS)の決勝戦ともなればNHKの地上波でも観られたのに、今やWOWOWに契約しなきゃならないとは・・・。戦前からテニスをやっていた伯父叔母の家に泊めてもらうと、なぜかいつも四大大会の時期で、深夜まで紫煙を燻らせながら観戦していた今は亡き二人のことを思い出した。ライブは観られないので、ネットやテレビのニュース速報を視聴して、セリーナのブチ切れや、表彰式でのブーイングのことを知る。僕は最初このブーイングが当然セリーナに向けてのことだと思っていたんだ。めんどくせー国ではあるが、どんなに地元の大スターであっても、(中西部はわからないが)少なくともUSオープンの会場である世界屈指のグローバルシティNYのある東海岸や西海岸の都会では、真の勇者には惜しみない拍手を送り、アンフェアなことに対しては容赦ない、それがアメリカのフェアプレイ精神、良識だと思っていたからだ。それがそうではなかったんだよね。ニュース映像も見たが見苦しかった。もっとも、最後には新女王に対するフォローや労いも忘れず、元女王たる威厳と貫禄も取り戻して観客もそれに応えたが、トランプ大統領をも彷彿させる試合中のセリーナの幼稚で高圧的な態度、「USAこそ世界No.1」、「アメリカこそ正義」といった彼らの悪い面が強調された観客の心理、ここにもトランプ的なものが浸透しているのかと感じたんだ。セリーナの大ファンを公言する大坂は、憧れのスターのあのような姿は見たくなかったはずだ。別の視点で、小さい頃から映画や音楽を通じてアメリカが憧れだった私もそれは同じ。アメリカに最も近い日本の街の一つに住んでいる私が最近、アメリカへの心が離れかけていて、嫌悪感すら覚えることが多くなった自分の中のトランプ的なものに怖くなることがある。あの時代も、こんな感じで変化は起こり始めたのかなあって。

抗議するセリーナ・ウィリアムズ
息子が”服装からして魔女”とつぶやいたセリーナ・ウィリアムズ.指の先から呪いの魔法をかける?
出典:tennis365.net

日本でもなおみちゃんの快挙に、心よく思っていない輩がいることも事実だ。彼女の肌の色やたどたどしい日本語に、「日本人とは思えない」といったマイナスの感情だ。こういう感想を吐く人のミトコンドリアDNAを調べて、他民族の血が流れていることがわかったら(もちろん、個々人にそんな検査は出来ないのだけど)、彼や彼女はどう思うのだろうかといつも考えてしまう。天平の時代、いやそれ以前から古代日本は大陸との交流が盛んであったのだから、当然血の交流もあったはず。純粋な日本民族がいったいどれくらいいるのかとも思うし、そもそも日本民族(ルーツと言われる縄文人や弥生人)自体がどこから来たのかもよくわからない。天皇家だってひょっとするとひょっとするかもしれない。天皇すらその実見をなされていないという「三種の神器」には、ぶったまげる事実が隠されているのかもしれんぞ。だから日本の長ーい歴史を考えれば、そんな生物学的に“純血主義”なんて全く無意味な話でグダグダ言うような狭い了見はホントつまらんと思う。世界に伍して戦える色んなタイプの頼もしい日本人が出てきて、うれしいとか楽しいとか思わんのかね。表彰式で見せたあの繊細さと謙虚さは、まさしく大和撫子そのものだったと思うよ。

異例ずくめの表彰式
結果的に歴史に残ることになった表彰式
出典:デイリー

一方で、今書いているこれもそうだが、日本中に溢れる「ナオミ賛美」の空気に違和感をもつ、大坂と同じパーソナリティの人たちもいる(『日本人がみんな人種差別主義者なわけじゃない(大坂なおみ選手は日本人なのか?)』)。この記事を読むと、彼女の複雑な気持ちもわかる。なんとなく普段はハーフやミックスを区別(差別)する人たちが、突如「日本人の誇り!」って叫ぶご都合主義に対する気持ち悪さ。日本ボクシング連盟の元会長、あの山根明氏が関テレ(またフジテレビ系ね)のバラエティ番組に出演って記事が出ていたけど[1]、あれだけボロクソに彼を叩いていたテレビ局が、今度はバラエティのゲストで「ダークひふみん」ってなんやそれ。大騒ぎになっていた時、とあるタレントさんが彼のキャラは面白いと発言していた時点で、これはやるなと思っていたけど、視聴率のためには何でもありの節操のなさには呆れかえってしまった。これも日本に蔓延するご都合主義の一例だろう。まあ、日本人とか何人とか関係なく、一人のアスリートとして応援してあげることが理想なんだけどね。私もまだまだ修行が足りませぬ。

大坂なおみ
大坂なおみのラケットは3万3000円の市販品也
出典:デイリー

それにしても、10月で21歳の大坂選手がセリーナの現在の年齢まで今回のように活躍できれば、あと15年、4×15=60回もGS制覇のチャンスがあるということだ。彼女は市販品のラケットやシューズで優勝するという、通常自分専用の道具にカスタマイズするトップアスリートたちの常識を超えるズバ抜けた運動能力を持つらしい。末恐ろしいルーキーの台頭である。

さてもう一人の日本のエース、錦織君。「テニス王に俺はなる!」で、4年前のUSオープンの優勝を逃したことを、逃がした魚は大きいと書いたが、本当にあそこでGS優勝を一度経験するかしないかで、彼のその後のテニス人生を決定づけてしまったかもしれないと、今回のジョコビッチ戦の結果でそう思った。彼の最大最強のサポーターである師匠・松岡修二さんが「(今回の敗け方でジョコを含むその他の強豪たちに)錦織はテニスじゃなくて心のどこかに弱いところがあるなと思われた」と珍しく弱気の発言をしている[2]。彼も経験者だから、次のフェーズに進むためには必ず超えなきゃいけない壁があること、そこをクリアする難しさを十二分に知っているだけに、このままでは年齢的にもさらにその壁を彼が超える可能性が低くなったと感じたに違いない。彼のメンタル面での弱さは実際の成績にも表れている。GS優勝はもちろんないが、四大大会に続くマスターズ1000でもタイトルは未だなく、4度決勝に進出して4度とも今回のジョコとナダルに阻まれている。しかも全てストレート負けかリタイアだ。最後の最後で緊張の糸が切れる傾向があることがよくわかる。

決勝を逃す錦織
KEIIIIIIII
出典:au

彼は体格的には恵まれていないが、その技術やスピードは卓越したものだし、「エアK」など外国人が好む強い個性も持っている。そしてなおみちゃんに負けず劣らずの天真爛漫さ。人を惹きつける魅力、タレント性は並み居るスター選手たちに引けを取らないワールドクラスだと思うが、そんなゆとり世代特有とも思える草食系の性格が、スポーツの世界でも特にメンタルがタフでないと勝てないテニスという競技に災いしているのかもしれない。また錦織は生まれた時代も不運だと思う。男子テニスのGS全歴史において、シングルス優勝回数の1位(フェデラー20回)、2位(ナダル17回)、3位(ジョコビッチ14回、今大会で優勝してランクアップ)が、彼と同じ時代のプレイヤーなのだ[3]。まさにONEPIECEでいうところの、ルフィーに立ちはだかる四皇といった別格の人たちがライバルなのだから、今の時代にGS制覇がいかに難しいことかがわかる。錦織が他の時代に生まれていれば、恐らくもっと楽にタイトルを獲ることができたと思う。

現代テニスの化け物たち
現代テニスの化け物たち
出典:tennisfan.xyz

ジョコに対する苦手意識を無くすことはGS制覇への絶対条件だが、それ以外にも課題は山積みだと思う。まず弱点をライバルに認知された以上、相手の裏をつくために彼のプレースタイルや技術にさらに多くの引き出しを持たなければいけない。28歳の錦織にとってこれはとても高いハードルだ。それと成績に似つかわしくない収入の多さも気になる。2018年の男子テニスプレイヤー年収ランキングにおいて、フェデラー、ナダルに次ぐ3位と、USオープン前の本業の成績ランキング19位(OP後は12位にランクアップ)を考えると、彼の成績との乖離がとても異常にみえる[4]。もちろん、宣伝媒体として魅力的な選手だから、スポンサーが多くついている訳だが、カネを儲けることは全然悪いコトではないけれど、やっぱりテニスの実力で稼がないと、本業でのハングリーさも失うのではなかろうか。彼に群がるスポンサーも良くないね。なおみちゃんのこれからも心配だ。

ジョコの狂気
ジョコの狂気
出典:tennis365.net

ジョコビッチやサッカーのC.ロナウドのように錦織君が飛躍できる鍵は、人間力と語学力という面白い分析がある[5]。彼に英語以外の言語を習得させることがGS制覇のための早道かどうかはわからないが、「人間力」というのは一つのキーワードかもしれない。大坂が錦織を「彼は大きな子どものよう」と評したように[6]、二十歳の女の子にそう言われるのだから、本当にまだお子ちゃまなのだろう。それが彼の良さでもあるのだが、その魅力が半減したとしても良い意味で彼は大人になるべきなのだと思う。テニスや趣味のゲームのことだけでなく、世の中のことをもっともっと勉強し視野を広げる(確かに語学も視野を広げる手段になるか)。錦織はセルビア人であるジョコビッチの祖国がどういう歴史を辿り、平和な日本で生まれ育ってきた我々には想像もつかない環境で彼が生きてきたことをどれくらい理解し、想像できているだろうか[7](大坂のバイン・コーチもセルビア系ドイツ人)。ジョコの試合を観ているといつも、「ダークひふみん」なんかで笑っている甘々な日本人には絶対に負けられないという気迫、いや狂気すら伝わってくる。人間的にも一皮向けることで、錦織君に立ちはだかる壁を意外とすんなり越えられるかもしれない。是非大坂に続いて欲しい。



[参考・引用]
[1]山根明・元会長がバラエティー出演決定! 「ダークひふみん」として活躍の予感、exciteニュース、2018年9月5日、
https://myjitsu.jp/archives/61428
[2]【松岡修造の目】圭の心に弱さがあると思われてしまった、スポニチアネックス、2018年9月9日、
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/09/09/kiji/20180909s00028000059000c.html
[3]グランドスラム男子シングルス優勝者一覧、Wikipedia、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0%E7%94%B7%E5%AD%90%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%82%B9%E5%84%AA%E5%8B%9D%E8%80%85%E4%B8%80%E8%A6%A7
[4]世界で「最も稼ぐテニス選手」、3位の錦織は年収38.4億円、BLOGOS、2018年8月28日
http://blogos.com/article/321151/
[5]ジョコビッチとC・ロナウドにはあって、錦織圭と日本のビジネスマンにはないもの、タカ大丸、PRESIDENT Online、2015年7月11日、
https://president.jp/articles/-/15707
[6]錦織は「大きな子ども」と大坂、tennis365.com、2018年9月6日、
http://news.tennis365.net/news/today/201809/120947.html
[7]ノバク・ジョコビッチ「紛争中も、あえて空爆の跡地を選んで練習していた」、COURRiER JAPON、2015年7月2日、
https://courrier.jp/news/archives/1031/
スポンサーサイト



Posted on 2018/09/11 Tue. 23:01 [edit]

category: sports/スポーツ

tb: 0   cm: 2

コメント

完勝

大阪なおみちゃんのテニス、すごかったですねー。
パワーテニスという言葉が出てきてずいぶん年月が経ちましたが、
彼女のストロークのパワーは尋常じゃないと思います。
それにプラスして、際どいコースを衝くコントロールも優れているので、
現状では無敵状態だと思われます。

この前の大会では、何よりも勝者インタビューが最高でした。
彼女は、「観客の皆さんがセリーナを応援していのはわかっていました。
私が勝ってしまってごめんなさい。セリーナは、私が子供の頃からの
あこかれの選手、対戦できて幸せでした」というようなコメントを発しましたよね。
奥ゆかしくも、本当に強い人間の言葉だったと思います。
あれをもってして、プレーでも人間性でもセリーナは完敗。
セリーナも観客も、自分たちのした傲慢な態度の恥ずかしさを知る
ハメになったと思います。
僕は、「大阪はフツーの日本人以上に日本人。大和撫子というのは
こういうのをいうのだ」と思い、泣きそうになりました。
素晴らしい女王が誕生したと思います。

錦織くんは、そう、メンタル面で少し弱いと以前から思っていました。
ゲーム中に、自身がリードした後に必ずといっていいほど、
大量失点をして追いつかれる。
結果、フルセットマッチにもつれることが多い、というのが
メンタル面でもうひとつ壁を破れていない証拠だと思うのです。
プレーの総合力でランク上位をキープしている彼だと思いますが、
今後は、サーブなのかフォアなのか、バックハンドなのか、
フットワークなのか・・・なにか、得意なものを伸ばすといいのでは
ないかと思います。
これだけは誰にも負けない、というものを持つとメンタルも
強靭になれるものです。

すばらしい記事をありがとうございました!!

URL | つかりこ #-
2018/09/20 04:33 | edit

Re: 完勝

つかりこさん、コメントありがとうございます。
ホント、とんでもないニュージャパニーズが出てきましたね。オオタニ君といい、若い世代が世界の常識を覆してくれていることに爽快感すら覚えます。スポーツだけでなく、映画、音楽、科学技術、そして政治・経済でも若い人たちが続いて行って世界を変えて欲しいと思います。私から上の腐った世代はもう全員引退した方が良いと思うニュースばかりですもんね。錦織君もGS制覇の可能性はかなり低くなったとは思いますが、まだチャンスはあると信じて応援したいです。

URL | papayoyo #-
2018/09/20 23:36 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://ehonkuruma.blog.fc2.com/tb.php/855-728809e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク