FC2ブログ


あるけ、あるけ、Fitbit Life

最近、こんなもの買っちゃったんだ。fitbit。モデルはcharge 2。

fitbit charge 2
fitbit charge 2 交換用ベルトもいろいろ種類がある

会社の健康診断で高脂血症と診断されてから、ここ10年くらい薬を服用しているんだが、数値は極めて良好なんだけど、やはり薬に頼らない身体づくりをしたいし(実際、薬の服用量は徐々に減らしている)、数年前に発症した五十肩で悶絶した頃から「老い」を痛切に感じるようになった。そんな時に、昨年は独居老人の父が倒れ、半年間は自宅・横須賀と実家・福岡の往復というしんどい生活が続いた。この時は不規則な食生活とストレス改善のために、入院先や買い物などできるだけ歩くようにしていた。親父が退院して落ち着いて、通常の生活に戻った頃から仕事も方も慌ただしくなり、運動不足と睡眠不足、仕事ストレスに夜遅めの食事は、間違いなく「老化」と「健康リスク」を加速させていた。

幸せポリープ?」で紹介したように健診で胃カメラ検査を指示されたときは、正直ヤバい結果を想像してたんだ。幸いに問題はなかったけど、たまたま健康イベントで様々な身体機能をチェックしてもらったら、肺機能、血管年齢、筋力に体脂肪と驚愕な数値がはじき出された。本当に老人。30代と言われたのは反射神経くらいだった。で、これではいかんと、決して安い買い物ではないfitbitを購入し、自分のカラダを改造するきっかけにしたかった。

また、生命保険料の見直しの時期でもあったので、ファイナンシャルプランナーの方に相談に乗ってもらって検討していると、家族のためにまだまだ元気で働かなきゃダメだということを再認識させられたこともある。会社がこの先も働かせてくれるかもわからないし、色々なリスクも想定しなきゃならない。ならば、せめて健康のリスクを減らすことだけは自分でも管理できると思ったんだ。

以前から、ちょっと奮発してビジネス時計を買おうかと考えていた。流行りのスマートウォッチではなくメカニカルウォッチ、デジタル表示ではなくアナログ針を。でもfitbit着けちゃうと、時計はこれでもいいかと思ってしまう。ビジネスで使ってもそれほど違和感のないシンプルなデザインだし、「この人は健康にも気を使っている」と思われたら、それはそれで好印象材料にもなるだろうし(別に人から良く見られようという考えはないのだが)。もちろん機械式時計(クロノが欲しい)はまだ諦めた訳じゃない。調査継続中。ちなみに普通の時計とfitbitを一緒に着用している人はいるんだろうか?どんな使い分けをしているんだろう?

fitbitスマホでチェック(歩数)
こんな風にスマホで記録データを確認

さて、fitbitは先月の後半から使用しているのだけど、一日1万歩を目標にこれまでほぼクリア。会社でも極力階段を使うようにしたし、帰宅後、家の近所の周回を続けた。雨の多い10月だったけど、マンションの利点で廊下や階段を上り下りしたり、屋根付き駐車場で歩いたりしていた。常にfitbitで歩数をチェックするようになるし、Bluetoothでスマホにデータを飛ばしてくれるから記録もラクチン。最初は健康改善のためにと思ってやり始めたんだが、習慣化すると身体を動かすことを欲するようになる。人間の本能なんだね。中長距離のランニングは昔から苦手だったし、この歳になると足腰への負担も増えるが、心肺機能を高めるために、軽いランニングで心拍を上げ、ウォーキングでクーリングなどを繰り返すトレーニングも少しずつ増やしている。まだまだ、色んな機能もあるようなので、楽しみながら続けたいね。

今朝は休日なので、朝食後にちょっと距離を伸ばして歩いてみた。

行き止まりの階段

途中、横須賀名物の階段散策もしてみたが、行き止まりだったり、

西逸見第二陸橋

当たりをつけて上ってみると、やっと以前に歩いたことのある自宅へと続く西逸見第二陸橋に出た。こんな風に、幹線道路から自宅までのルート(あるいはその逆)を色々知っておくことは、防災上とても大事なことなんだ。特に横須賀は地形が複雑なんで。

バテバテの階段
こんな階段上ってきたので、もうバテバテ.

fitbitスマホでチェック(心拍)
心拍数も安静時の60台から130くらいまで上昇.そんな変化もfitbitで確認できる.

複雑な地形
どこをどう道がつながっているのか…

横須賀摩天楼
前にも紹介した横須賀高層ビル4棟揃い踏みを拝める場所

午前中の歩数

午前のウォーキングは約1時間、歩数は約5千歩くらい。途中陽射しも強くなってきたのでいい汗かいた。

今日も1万歩
今日も1万歩クリア

さて夜の部。日本シリーズ、ベイの3連勝後に歩きに出かけましょと思ってたら、土壇場でホークスに追いつかれ延長戦に。スマホで野球中継聴きながらあと3千歩程度を軽く流す。ウォーキング中も決着がつかなかった。

まあ健康を気にしたところで、人の寿命は確率的なもんだから、死ぬときは死ぬ。でも交通事故で死ぬのだけは避けようぜ。今日はイヤホンで音楽聴きながら歩いたのだけど、歩車分離でない道を歩いていると、後ろから近づいてくるクルマに気づかず何度かヒヤリとした。通勤中も、特に湘南エリアはウォーカーやランナーをよく見かけるが、何を考えているんだか、立派な歩道があるのに車道上を平然と走るランナーが多いのだ。歩道を走ろうよ。今はまだ朝も明るいのですぐに認知できるが、クルマ乗りの立場から言わせてもらうと、これからの季節は絶対に止めて欲しい。健康のために走ってたり、歩いたりしているのであれば、本末転倒である。

危険なランナー1
危険なランナー2
危険なランナー3
歩道を走っていたランナー.十分余裕のある歩道幅なのに突然車道に下りて走り始めた.確かにこの先の歩道は工事中で通行止めになっていて、反対側の歩道に移動するしかないのだけど、それにしてもこのランナーは車道に出る際、後方の確認すらしていない.なぜそんなに自分の命を危険にさらせるのか理解できない.(国道134号にて)

P.S.日本シリーズ、結局サヨナラだったね(涙)。勢いだけで巧者ホークスに打ち勝つことはできなかった。攻守ともに一枚も二枚も福岡が上だった。広島が出てきたとしても無理だったろう。それだけセパの実力に差がありすぎるということ。シーズン3位がCSを制するってことも、セ・リーグはゲーム差ほど決定的な力の差がないという証左だ(ホークスもCSで苦しんだが、最後は実力どおり)。ベイは、来季こそはシーズンもCSも完璧に勝ち抜いて、またこの場でリベンジして欲しい。ベイファンは、元OBの内川にやられたことも含め、最後までいい夢見させてもらった秋のスポーツシーズン。




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近の記事