FC2ブログ


ダットラ・ピックアップの長T

先日、用があって横須賀モアーズ(神奈川以外の方へ:ショッピングセンターね)に立ち寄ったときのこと。エスカレータに乗って、「ブルーポート」というショップのディスプレイを何気に眺めていたら、(フェアレディ)ZのTシャツが目に入ったんだ。おっと思って、この店に入ってみた。前から扱っている商品が気にはなっていたが、じっくり店内で品定めするのはこの時が初めて。で、このTシャツ(ロンTだった)のコーナーを見つけると、他にも気になる商品が。

240Zの長T
240Zの長T
http://www.heath-industrial.com/shopdetail/000000002301/all_items/page1/order/

なんでこのZが気になったかというと、シャツに描かれたロゴが引っかかったからなんだ。“DARTISAN”が一瞬“DIRTYSAN”に見えたんだね。汚ねえダットサン(日産)をもじったジョークかってね。日産の件は、元日産子会社のスバルにまで飛び火して収まる気配を見せないのだが、そんなすぐにパロディものが出る訳もなく、完全に俺の誤解だった。

DARTISANは正確にはD’ARTISAN。日本のデニムの聖地とされる岡山県倉敷市発の老舗アメカジブランド、「STUDIO D'ARTISAN(ダ・ルチザン)」のことだったんだ。D'ARTISANって「職人工房」という意味だそうだ。アメカジのことはほとんど無知なので、2匹のブタがトレードマークのこのブランドのことは全く知らなかった。ちなみに2匹のブタはCLIPPER(クリッパー)とINDY(インディ)っていうんだって[1]。そして、このブルーポートってお店、横須賀店は西海岸からのインポートアパレルや生活雑貨を中心に扱っているセレクトショップなんだけど、横浜のワールドポーターズ(こちらも横浜みなとみらい地区にあるショッピングセンター)にあるアメカジショップ「HEATH.」(山屋産業)の系列店で、俺の目に止まったZの長TはSTUDIO D'ARTISANとHEATH.の限定コラボ商品だった。

ちょうど汗ばむほどの久々の晴天の中、ウォーキングをしていた途中に寄ったので、上は以前にも紹介したX-TRAILの半T一枚だった。コラボ商品を物色していた私に近づいて来た店員さん、すぐに着ていたTシャツに気づいて「X-TRAILのTシャツですね。僕X-TRAILが欲しいんですよ。」と声をかけてくれた。日産はこういう人たちを大切にしないといけない。EVだけがクルマじゃないんだ。で、私がX-TRAIL乗りだとわかると、しばらくこの話で盛り上がった。現行タイプより、古いボクシータイプの方がいいんだって(よくわかってらっしゃるw)。

そんな前口上にすっかり引きずり込まれ、本題のTシャツの話へ。D'ARTISANのTシャツやトレーナーの縫製って、商品解説によると「世界で唯一、和歌山で稼働している筒状の吊り編み機で編み立てられており、吊り編み機で編み上げられた生地は、天井から吊られた機械と糸によって、糸と生地そのものの重さを利用し、生地に余分なテンションをかけず、ゆっくりと時間をかけることで空気も一緒に編みこんだような、程よいムラ感のある独特の風合の生地に仕上がるのが特徴」なんだとか。確かに手触りは非常に良い。使い込むごとに「ヴィンテージ」のょうな味わい深いシャツになっていくんだと店員さんも言っていた。もちろん完全なメイドインジャパン品質。日産やコベルコの件で、ジャパン品質も地に落ちてしまったが、こちらの商品は良い意味でのメイドインジャパンだ。

ダットサン・ピックアップ520型
ダットサン・ピックアップ520型
出典:https://www.favcars.com/pictures-datsun-pickup-520-1966-68-42212.htm
ダットサン・ピックアップ620型
ダットサン・ピックアップ620型
出典:https://www.youtube.com/watch?v=WjOEWG2pZe4

ちょうど長Tがなかったので、次第に購買意欲が湧いてきたんだが、Zの横にあったピックアップトラックの柄が気になってしまった。ダットサンを世界に知らしめたあの240Zをモチーフにしているので、当然人気はZの方が高いらしい。でもX-TRAIL乗りとしてはダットラの方が好みである。65年から72年まで生産されていた6代目ダットサン・ピックアップ520型(と商品解説には書かれているが7代目620型だと思う)が描かれているが、背中のロゴがまたオールド日産ファンにはたまらないデザインとなっている。

ダットサン・ピックアップ長T(後)
このダットサン・ロゴのパロディデザインが渋い!

色は、Zの方が白地に臙脂(えんじ)の柄と、グレー地に黒の柄の2種類。520型の方は、白地(実際にはベージュっぽい)に臙脂と紺地に白(あるいはベージュ)の計4種類。悩んだ挙句、白地のピックアップ柄を購入することにした。

ダットサン・ピックアップ長T(前)
購入したダットラの長T
http://www.heath-industrial.com/shopdetail/000000002302/

以前、「NISSAN PICKUP POP-UP BOOK~ピックアップとMr.トランプが支持されるアメリカの非常識」でダットサンのピックアップトラック絵本を紹介したが、日産(ダットサン)は240Zや小型ピックアップトラックで北米でのブランド構築に成功したのだから(日産は一度、このブランドを捨てるという愚行を犯したのだけど)、やっぱり原点に返ってアメリカンカジュアルで攻めるべきだと思うんだ。意識高い系を狙ったEVとか、インフィニティでラグジュアリー層を狙ったところで、ベンツやBMW、アウディに勝てるハズもなく。レクサスもそうだが、本当のお金持ちの文化を知らない所詮極東の成り上がりが高級車を作ったところで、歴史も浅く、彼ら欧米人の琴線には触れられないだろう。同じ成金、アジア人受けがいいところだ。でも田舎もんは、老舗ブランドに弱いんだよねえ。だったら身の程をわきまえて、「大衆」を徹底的に追求した方がよいと思う。梅沢富美男は、絶対に坂東玉三郎の格にはなれないんだから。

ハコスカ・ジャケット
ハコスカ好きには、こんなジャケットもあるよ!けっこうそそられる.でも完売.
http://www.heath-industrial.com/shopdetail/000000002287/ct982/page1/order/



TONDA PIGY
ホンダ好きにはTONDA PIGY.CITY!のCMが懐かしい.
http://www.heath-industrial.com/shopdetail/000000002174/



昔は息子のクルマTシャツをUPしていたんだが・・・
http://kurumanoehon.web.fc2.com/tshirts.htm

[参考・引用]
[1]ステュディオ・ダ・ルチザン、Wikipedia、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A5%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%81%E3%82%B6%E3%83%B3
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近の記事