FC2ブログ

クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためだけじゃないクルマ絵本ライブラリー

1929年と自動車

Posted by papayoyo on   0 comments   0 trackback

1929年と自動車

前回の続きで自動車用バッテリーのレポート提出を年内に済ませそうもないので、一旦インターバル。今年最後のクルマノエホンは私のプライベートと絡めて2019年を締めたいと思う。私にとって今年最大の出来事は実父が鬼籍に入ったことだろう。10月に亡くなってからも年末にかけて仕事も家庭もバタバタで、相続など面倒くさい事務手続きの多くも未だ片付いておらず、ゆっくり父の死を噛みしめる余裕すらない。父の誕生はちょうど90年前の1929年(昭和4年)だが、その年の自動車広告について記した貴重な本がある。それが『1929年と自動車』(中尾充夫・著、自費出版)だ。1979年に出版されているので“50年前の自動車広告”というサブタイトルが付けられている。この“クルマ絵本”を紹介して父が生まれた当時を知ることでちょっとだけ彼の弔いになればよいかなと思ったのだ。

スポンサーサイト



トコトンやさしい電気自動車の本

Posted by papayoyo on   0 comments   0 trackback

トコトンやさしい電気自動車の本

先日ストックホルムで今年のノーベル賞授賞式が開催されたが、化学賞はリチウムイオンバッテリー(以下LiB)が受賞対象となった。「あーっまた充電が切れそう」と電池の持続時間にはまだまだ不満は残るものの、もはやスマホ、パソコンなどのモバイル機器にLiBは欠かせなくなっている。特に電気自動車(以下EV)やハイブリット車など電動車の普及にはLiBが大きく貢献してきたといっても過言ではないだろう。ちょうど10年前、EVが主役となったフランクフルトモーターショーの時に映画『誰が電気自動車を殺したか?』を取り上げ、今回受賞者となったグッドイナフ博士や吉野博士のその年のノーベル賞を予想したことがあった。もう一人の日本人貢献者、水島公一氏は残念だったけど、10年経ってやっとLiBも市民権を得たのか、EVが殺されずに本格的に普及することを期待しての授与だったのか。この10年で3.11の原発事故も含め、EV推進の根拠となる地球温暖化を巡る政治や経済の状況が大きく変わったけれども、10月に開催された東京モーターショーを始め世界の主要なモーターショーは抹殺されるどころかもはやEV一色に変容してきた(正しいか否かは別にして)。今年の吉野さんノーベル賞受賞記念ということで、大人向けのクルマ絵本とでもいおうか『トコトンやさしい電気自動車の本(第2版)』(廣田幸嗣・文、志岐デザイン事務所・絵、日刊工業新聞社今日からモノ知りシリーズ)と三菱自工のEVやプラグインハイブリット(以下PHEV)をネタに子ども向けに電動車を学ぶために制作された漫画学習本『電気で走るクルマのひみつ~EV・PHEV~』(橘 悠紀・構成、もちつきかつみ・絵、三菱自動車工業㈱・協力、学研まんがでよくわかるシリーズ106)を取り上げてEVについて勉強してみる。

文明の利器?

Posted by papayoyo on   0 comments   0 trackback

文明の利器?
出典:THE NEW YORKER

師走になって「ながら運転」の厳罰化が盛り込まれた改正道路交通法(以下道交法)が施行された。「ながらスマホ」って紹介するニュースも多いが、厳罰化はスマホをしながらの運転行為だけでなく、カーナビやオーディオなど車載された情報機器の操作や情報の視認に伴うモニタ画面の注視も「ながら運転」として厳罰化の対象となる[1][2]。違反対象となる注視時間はおおむね2秒以上。この数字は2002年に国家公安委員会がカーナビ事業者などに向けて示した告示「自動車走行中には、注視(おおむね2秒を超えて画面を見続けることをいう)をすることなく読み取ることのできない複雑かつ多量な交通情報を車載装置等の画面上において提供しないこと」がもとになっているようだ[3]。そもそも警察はその2秒をストップウォッチで計るんかいなとか、1.9秒やったらどうやねんといった突っ込みもあるだろうし、「カーナビというものは、動いている時にこそ、道を確認するために見てしまう。2秒以上見るなというのは、なかなか厳しい」という意見もある[4]。しかしこの2秒という数字には科学的根拠がある。

15年ぶり

Posted by papayoyo on   0 comments   0 trackback

15年ぶり
出典:サッカーダイジェスト

文字どおり大寒の昨日は、息子と二人でJリーグの最終節、横浜F・マリノスとFC東京の優勝決定戦を昼間っから一杯飲みながらテレビで観戦していた。場所は先のラグビーW杯で盛り上がった日産スタジアム。マリノスはW杯でずっと使えなかったホームへ、最後の最後に帰ってきての大一番。残り2試合で首位に立ったマリノスは前節で6連勝とこれで優勝決まりかと思っていたら、2位FC東京が0-1で敗戦濃厚の後半ロスタイムに追いついて優勝決定は最終節の直接対決に持ち越された。Jリーグ興行的には消化試合にならず、まさにドラマティックな最終節となった。それが証拠に昨日の試合は、Jリーグのリーグ戦観客動員数の記録を塗り替えた[1]。最終決戦といっても、マリノスがこの試合に引き分け以上、負けても3点差以内なら優勝という絶対有利な条件。普通なら楽勝と思えるのだが、今シーズン前回の同カードでは2-4でマリノスが負けている。FC東京も4点取る力は十分にある。加えてマリノスサポーターには6年前の“あの悪夢“が脳裏に焼き付いていた。