FC2ブログ

クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためだけじゃないクルマ絵本ライブラリー

梅雨明け  

梅雨明け

父の様子を見に帰省していた間に九州は梅雨明け。

梅雨明けや
 ワシワシのシャワー
  九州(くす)の朝

こんな駄句を詠みたくなるくらい、故郷の夏の知らせは雨音からクマセミの音への変化なんだ。朝からうるせーのなんの。クマセミがあまりいないこっち(横須賀)と向こうでは耳から受ける季節感も全く違う。田舎もんゆえの感覚かな。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



Posted on 2019/07/28 Sun. 01:10 [edit]

category: Fukuoka/福岡

tb: 0   cm: 0

かふぇとくるま「葉山時感」  

かふぇとくるま「葉山時感」

昨日、鎌倉で用事のあった妻を長谷まで送り届けた帰り途、以前から気になっていた葉山のカフェを訪れた。葉山・長柄の交差点から逗葉インターへと続く逗葉新道を走ると、右手に家具の「葉山ガーデン」本店、プリンで有名なカフェ「マーロウ」の逗葉新道店をやり過ごした少し先に、その店「葉山時感」はある。さらにちょいと進むと南郷トンネル入口手前に最近スタバも出来たので、逗葉新道はすっかりカフェ・ストリートになっている。
-- 続きを読む --

Posted on 2019/07/21 Sun. 17:42 [edit]

category: others/その他

tb: 0   cm: 0

夏はまだなのか?  

夏はまだなのか?

天気がなんともスッキリしないね。7月も後半だというのに梅雨は未だ明けず。先日のちょっと暑くてジメジメした梅雨の中休みの夜、帰り途に葉山の本屋さんへ立ち寄った後、駐車場に戻ると若い女性がしゃがみこんで何かをスマホで撮っていた。何だろうと思って近づいてみたらオスのカブトムシだった。
-- 続きを読む --

Posted on 2019/07/20 Sat. 16:52 [edit]

category: Yokosuka/横須賀

tb: 0   cm: 0

ブラジルの神、最期はUber…  

BRASIL by João Gilberto

今月、また一人ポピュラー音楽の至宝が鬼籍に入られた[1]。その人は「ボサノヴァの法王」とか「ボサノヴァの神」と称されたジョアン・ジルベルト(João Gilberto)。享年88歳。親父と同世代だ。小学生の時、彼の元妻歌うボサノヴァの名曲≪イパネマの娘≫を聴いて以来、ブラジル音楽が大好きになった。彼のアルバムは何枚も持っているが、訃報を聞いてから車中で流しているのが「海の奇蹟(BRASIL)」という超名盤。ジョアンを神と崇めるカエターノ・ヴェローゾとジルベルト・ジルとのスーパー・ジョイントが聴ける一枚だ。
-- 続きを読む --

Posted on 2019/07/19 Fri. 00:23 [edit]

category: music/音楽

tb: 0   cm: 0

うちのおじいちゃん  

うちのおじいちゃん

本日紹介する『うちのおじいちゃん』(谷口國博・文、村上康成・絵、世界文化社)は、昔本屋で見つけて―児童書の新刊本コーナーに並んでいたから2006年くらいかな―当時、イラストの村上康成さんにも興味があったので気になったクルマ絵本なのだけれど、何故か買い損ねていた。今回一連の高齢者事故のニュースでふと思い出して入手したんだ。当時はまだ高齢ドライバーによる事故が今ほど問題になっていなかったと記憶しているが、そもそも交通事故死者数は年々減少しているのに、高齢ドライバーの比率は増加しているので、相対的に高齢者が引き起こす重大事故は目立つことになる[1]。
-- 続きを読む --

Posted on 2019/07/13 Sat. 13:24 [edit]

category: picture books about automobile/クルマノエホン

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク