FC2ブログ

クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためだけじゃないクルマ絵本ライブラリー

Syd Mead 1969 POSTCARD BOOK

Posted by papayoyo on   0 comments   0 trackback

Syd Mead 1969 POSTCARD BOOK

先日、アーツ千代田3331で開催中の「シド・ミード展 SYD MEAD: PROGRESSIONS TY 2019」へ行ってきた。イラストレーターの溝呂木陽さんがブログで書かれていた記事を読んで、日本での個展は34年ぶり東京限定開催と知って、これは行かにゃならんと。最近帰る機会が多くなった実家・福岡市は様々な面から注目されるようになった。確かに程よい都会で暮らしやすい元気な街だが、こと文化面の充実度に関してはやはり首都圏には敵わないんだよね。福岡に住んでいたらこのシド・ミード展も観に行けなかった。そこで購入したのが“Syd Mead 1969 POSTCARD BOOK”(作:シド・ミード、スカイフォール)。展示会場内のショップでしか手に入らない代物で、本展の公式図録は既に完売だった。これを購入したのは残り物ということではなく、このブログの管理者として買わない訳にはいかない内容だったからだ。帰ってからシド・ミード展のホームページを読んでいたら、本展プロデューサーの植田益朗氏が「ポストカードセットは、ミードファンの必携のアイテムです。こればかりは後悔のないように、是非ゲットして会場にお越しください!」とコメントされている。買っておいて良かったぁ。

スポンサーサイト



マーベル

Posted by papayoyo on   0 comments   0 trackback

マーベル

親父が入院して帰省していたとき、実家の片付けをしていたら、相変わらず訳のわからないものがいっぱい出てきた。父の古い腕時計も何本か出てきたのだが、どれも傷んでいてしかもセンスがあまり良いとはいえないw。その中にベルトのないケースだけの古びた機械式時計があった。メーカーを見るとセイコー。しかしSEIKOのロゴの上に見慣れない“S”のマークが冠してある。

実はクルマに詳しくなかったモンキー・パンチさん

Posted by papayoyo on   0 comments   0 trackback

実はクルマに詳しくなかったモンキー・パンチさん

平成の最後に、昭和から平成の日本アニメを代表する「ルパン三世」の原作者、モンキー・パンチさんが亡くなった。このニュースにショックを受けたのは、勿論小さい頃から「ルパン三世」のTVアニメシリーズをリアルタイムで見てきた世代だということに加え、彼の亡くなった原因が誤嚥性肺炎だったこと[1]。私が3月から実家と行ったり来たりしているのも、父がまさにこの病気で死にかけたからだ。

もうセミ?

Posted by papayoyo on   0 comments   0 trackback

もうセミ?
出典:tenki.jp[1]

夜7時頃に帰宅したらセミが鳴いとりました。鳴き声からニイニイゼミと思われます。今日群馬県伊勢崎では30℃の真夏日、ここ横須賀でも最高気温26℃の夏日だったようでセミもびっくりしたのですかね。宮古島では21年ぶりに3月での初鳴が観測されたそうですが[1]、今年も真夏の異常気象を予感させます。最近は10月くらいまでセミが鳴いていますから、5月~10月、つまり半年が夏というとんでもない季節感になって来ました。また日向灘沖という嫌なところで強い地震も発生し、地球がなんだかお怒りのようです。帰宅の道中で空を見上げると、やたら妙な筋雲が浮かんでおりましたが、悪いことが起こりませんように。

防毒マスク

Posted by papayoyo on   0 comments   0 trackback

防毒マスク

福岡に帰省する直前の週末、美大に進学した娘が授業で使用するため、大学から購入指示のあった物品を買いに、家族でワークマンへ出かけた。購入リストは作業着に作業靴、使い捨て防塵マスクに有機溶剤に耐えるゴム手袋、そして防毒マスクって! 工学部出の私ですら、さすがにこれは扱ったことがない。ヨコスカ・どぶ板ストリートでフツーに売っている軍隊用フルフェイスのヤツには興味あったが・・・。大学には3Dプリンターも完備され、溶接設備もあるという。木型作って鋳造なんかもするようだから、完全に工学部やん! 俺も大学でアーク溶接や鋳造実習やったよ。3Dプリンターはなかったけど。

笑いを売った少年

Posted by papayoyo on   2 comments   0 trackback

笑いを売った少年

大型連休も最後だが、妻は時々仕事、娘は時々大学の課題制作、息子は部活で膝を痛めて安静中。私も福岡での疲れを癒し、家族全員でどこかへ遠出することもなく自宅でゆっくりしていた(息子の怪我がなければ、アヴェンジャーズでも皆で観に行こうかと思っていたんだが)。私はここ数ヶ月で気になったことを整理して、令和になって最初の投稿をしたためてみた。普通はこのブログのテーマであるクルマノエホンで改元・新天皇即位に相応しいネタ本の紹介をと考える。でも『じどうしゃのおうさま』紹介しちゃってるしなあ。そこで、同じ児童書なんだが別のジャンルの書籍を取り上げる。クルマの絵本「Der Blaue Autobus/あおいバスといたずらオトカー」でも紹介したドイツの児童文学者・ジェイムス・クリュス作『笑いを売った少年(原題“Timm Thaler oder das Verkaufte Lachen”)』(未知谷)である。