FC2ブログ

クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためだけじゃないクルマ絵本ライブラリー

ライトアップと花火大会

Posted by papayoyo on   0 comments   0 trackback

ライトアップと花火大会

週明けにかけて日本列島は大荒れの予想(午前中は晴れ間も広がったので、1時間ほど近所を歩き回ってひと汗かいちゃった)。関東は月曜日の早朝までには通り過ぎちゃいそうだが、朝の通勤時は大混乱しそうだし、皆さんご無理をされないよう。今年は10月頃まで残暑が厳しいのではと覚悟していたが、台風24号のように思ったより夏は早く駆け抜けて行きそうだ。天気の良かった先週末の三連休は、ちょいと暑さも戻ったが、夜はすっかり秋の気配。24日は中秋の名月で(すっかり忘れてた)、そろそろ秋の夜長を楽しむ時期になってきた。連休前の週中ウィークデーの夜、ウォーキングがてら地元ヨコスカの三笠公園まで行ってみたんだ。CKB「タイガー&ドラゴン」の“♪トンネル抜ければ 海がみえるから そのままドン突きの三笠公園で~♪”の三笠公園ね。ここには日露戦争でバルチック艦隊を破った連合艦隊旗艦「三笠」が第二次大戦後復元され、博物館艦船として保存されている。初期の戦艦としては世界に現存する唯一の船という非常に貴重な世界遺産級の代物なんだが、ヨコスカ市民にとってはごくごく当たり前のモニュメント。私もたまに寄ってみるけど、歴史や戦争のことをふと振り返ることのできる場所だ。防衛省が保管する行政遺産であるものの、維持保管のための予算は少なく、自衛隊の有志や米海軍の軍人たちが清掃や塗装のボランティアをしているという[1]。このおらが街のシンボルが、この7月から10月末までライトアップされている[2]。7月にも飲み会の帰りに立ち寄ってみたのだが、公園の開場は夜10時まで。既に閉まっていたため、公園の外から遠目に覗くしかなかった。

スポンサーサイト



世界の■のりもの 自動車じどうしゃ

Posted by papayoyo on   0 comments   0 trackback

真鍋博 自動車じどうしゃ

先日記事にした「かこさとし展」を観終わった後、東横線で帰る途中に白楽で降りてみた。ちょっと寄ってみたい古本屋さんがあったので。白楽は古本屋が多い街だが、その日訪れたのは数年前に出来た「Tweed Books」ってお店。この記事を読んでいつか行ってみようと思っていたんだ。ファッションが好きで、古書店の仕事着にも拘るお洒落な店主だ。ファッション関係本が占める割合も他店より圧倒的に大きい。いつものように店内を黙ってぐるぐる探索していると、ご近所なのか絵本を探しているというご婦人がやって来た。植物を描いた絵本で、作者は有名な(日本人の?)女性というヒントだけで、店主も親身になってその答えを導きだそうとしていた。私も頭の中を巡らしてみたが思い浮かばない。まさか今行ってきたばかりのかこさとし=加古里子を“さとこ”と読み違えているんじゃないかと。でもかこさんの作品に植物絵本が浮かんで来ない。そうこうしているうちにご婦人も諦めて「また出直します」と言って店を出た。その後も徘徊していると、奥の棚に珍しく真鍋博の書籍が何冊か。おおーっ。そして真鍋とゆかりのある星新一の書籍も幾つかあって、懐かしいなあとペラペラめくっていると、「星新一お好きですか?こんな本もありますよ」と店主が本を取り出して気さくに声をかけてくれた。そこから彼と星や真鍋のことで色々話し込んでしまった。店主と長話できたり、お客の本の相談にも親身になれる地域のコミュニティ空間としての古本屋は、横須賀の「港文堂」と感覚が似ている(「港文堂」は呑み屋みたいがだねw)。寡黙な店主が帳場で店番する、寡黙な客が知の空間に浸る、そんな光景を古本屋にイメージしてしまうが、お客さんとこうして積極的にコミュニケーションするのが好きだとおっしゃっていたおしゃれ店主さんは、港文堂を愛する古本屋ツアーガイド、小山力也さんのこともよくご存じだった。最終的に購入したのは真鍋の『有人島』(講談社)とタモリの『TOKYO坂道美学入門』(講談社)。坂道ですか?の店主の問いに「坂の多い横須賀からの客なのでね」。と、前置きが長くなったところで、店主との話の中でも登場した『世界の■のりもの 自動車じどうしゃ』(真鍋博・作、主婦と生活社)を今宵は紹介する。私が所蔵するクルマノエホンの中でベストは?と問われれば、恐らく内容・希少性ともに1、2位を争う絵本がこの真鍋本だと答えるだろう。

横浜に秋風彡(-ω-;)彡ヒューヒュー

Posted by papayoyo on   0 comments   0 trackback

イライラする2

DeNAラミ監督 歴史的投壊20失点にあ然 配置転換も
横浜M、初のJ2降格危機に内紛勃発!?監督と選手間で…
横浜2チーム(両チームともここヨコスカがセカンドホーム)の悲しい記事が並ぶ。昨年リーグ戦3位ながら奇跡的にCSを勝ち抜き、日本シリーズ挑戦権を得て王者ホークスをギリギリまで追い詰めたベイスターズは、今季かつての定位置、最下位を争っている。前半は調子よかったんだけどなあー。一方、ここ数年の間にF・マリノスの顔であった中村俊輔が去り(事実上チームに愛想をつかして)、彼の後継者とされた斎藤学にも逃げられ、ボンバー中澤も飼い殺し。ベテランを捨て、あの久保建英君も期限付きながら移籍をし、世代交代でチーム刷新と思いきや、現在14位でJ2降格の危機。前記事で、蛇足ながら大坂なおみと電撃スポンサー契約を結んだ日産への嫌味記事を書いたが、これは大坂選手にGT-R2台プレゼントするカネがあるのなら、スポンサー企業として自チームの方をもう少し真剣に立て直せという批判でもある。イニエスタとトーレスを獲得した神戸と鳥栖も成績は芳しくない。やはり飛び道具を投入したところで、長期のビジョンと正しい戦略を持たない組織に結果は伴わないということなのか。偶然なのかDeNAと日産は横浜みなとみらい地区で無人運転サービス「Easy Ride」開発のための協業を行っているが、両チームの低迷はこの2つのスポンサー企業の行く末を暗示しているのだろうか。野球もサッカーも首位は広島ということを考えると、この結果はこれら二大都市のスポーツへの関心度や市民性の違いが関係しているのだろうか。もう一つのプロスポーツ、バスケはというと、アジア大会でお騒がせのBリーグ選手の中に、地元横浜ビー・コルセアーズの選手は幸いいなかったけれど、2017-18シーズンは中地区最下位。2018-19シーズンはこれからだが、これまた北風ビュービューの予感。

BMW 118i M Sports

Posted by papayoyo on   0 comments   0 trackback

BMW 118i M Sports

むかーし、何かのキャンペーンに応募してユーザー登録して以来、BMWさんからDMがよく届くようになった。抽選のプレゼントが欲しかっただけで、どう逆立ちしてもジャーマン・スリーのオーナーにはなれない薄給リーマンなので、なんか申し訳なくて。で、夏休み前にも「BMW EUROPEAN SUMMER HOLIDAYS」ってイベント案内のDMもらっちゃって。DMも国産のそれとは違ってシャレオツなんだ。その中に来場記念品として「BMWオリジナル・ペットボトル・ホルダー」プレゼントとある。この夏、死ぬほど暑かったんでペットボトル・ホルダーは必需品。それまで使っていたものはあったけど、黒にBMWのロゴがなんだか金持ちそうでいいじゃない。またまたプレゼントに魅かれて、ちょっくらBMWでも見て来るべ、と横須賀のディーラーへ夏休み最後の土曜日にお邪魔した。愛車を査定されるとそれこそ引くに引けなくなっちゃうんで、ウォーキングがてら徒歩で。

テニスの世界もトランプ化なのか・・・

Posted by papayoyo on   2 comments   0 trackback

テニスの世界もトランプ化なのか・・・1
テニスの世界もトランプ化なのか・・・2
出典:ELLE girl & 東スポweb

昔はグランドスラム(GS)の決勝戦ともなればNHKの地上波でも観られたのに、今やWOWOWに契約しなきゃならないとは・・・。戦前からテニスをやっていた伯父叔母の家に泊めてもらうと、なぜかいつも四大大会の時期で、深夜まで紫煙を燻らせながら観戦していた今は亡き二人のことを思い出した。ライブは観られないので、ネットやテレビのニュース速報を視聴して、セリーナのブチ切れや、表彰式でのブーイングのことを知る。僕は最初このブーイングが当然セリーナに向けてのことだと思っていたんだ。めんどくせー国ではあるが、どんなに地元の大スターであっても、(中西部はわからないが)少なくともUSオープンの会場である世界屈指のグローバルシティNYのある東海岸や西海岸の都会では、真の勇者には惜しみない拍手を送り、アンフェアなことに対しては容赦ない、それがアメリカのフェアプレイ精神、良識だと思っていたからだ。それがそうではなかったんだよね。ニュース映像も見たが見苦しかった。もっとも、最後には新女王に対するフォローや労いも忘れず、元女王たる威厳と貫禄も取り戻して観客もそれに応えたが、トランプ大統領をも彷彿させる試合中のセリーナの幼稚で高圧的な態度、「USAこそ世界No.1」、「アメリカこそ正義」といった彼らの悪い面が強調された観客の心理、ここにもトランプ的なものが浸透しているのかと感じたんだ。セリーナの大ファンを公言する大坂は、憧れのスターのあのような姿は見たくなかったはずだ。別の視点で、小さい頃から映画や音楽を通じてアメリカが憧れだった私もそれは同じ。アメリカに最も近い日本の街の一つに住んでいる私が最近、アメリカへの心が離れかけていて、嫌悪感すら覚えることが多くなった自分の中のトランプ的なものに怖くなることがある。あの時代も、こんな感じで変化は起こり始めたのかなあって。

どうぐ

Posted by papayoyo on   2 comments   0 trackback

どうぐ

会社の夏休み中に行くつもりだったのですが、いろいろ都合もあって、休み明けの先月後半にようやく行ってきました。川崎市市民ミュージアムで開催中の「かこさとしのひみつ展-だるまちゃんとさがしにいこうー」(9月9日まで)。『からすのパンやさん』「だるまちゃん」シリーズ、そして数々の科学絵本を手掛けた絵本・児童文学界の巨匠であるかこさとしさん。ゆかりの地、川崎市がこの企画展を準備中の本年5月、92年の生涯を終えられました。結果的に彼の追悼展となってしまいましたが、複製原画や関連資料など200点以上が紹介されている楽しい展示会です。化学系の研究者・技術者でもあり、科学絵本作家としても有名なかこさんの作品には、科学技術の粋を集めた自動車の絵本がありそうに思えますが、私が調べた限り、彼の600点以上の著書の中で、ストレートに自動車が主人公となった絵本は残念ながら見当たりません。その中でも、この企画でも展示されていたクルマに関わる有名な挿絵があります。それが今回紹介する『どうぐ』(かこさとし・作、福音館書店かがくのとも傑作集)に登場します(1970年「かがくのとも20号」初出のこの作品は、2001年瑞雲舎より再版されています)。そこで、この絵本をクルマノエホンとして登録し、かこさとしさんの生涯、功績も振り返ってみることにしましょう。

声が好きな歌手

Posted by papayoyo on   0 comments   0 trackback

SUNSHOWER

火水と横須賀オフィスだったんで、木曜の朝も第二のサーファーガールとの出会いを待ち焦がれながら134号をメインの職場に向かって車を走らせていた。しかし、やはりそうそう目の保養が出来るわけがない。べた凪だったんで、そもそもサーファーが出て来ていないし。イケてるお姉ちゃんたちも、こんな朝早くから湘南の海へ遊びに来ないか。視界に入ってくるのは、どーでもいいおっさんランナーばかり。年寄は朝早いからね。その代わり、ちょうど鎌倉の滑川交差点で、信号待ちをする清楚でお美しいレディとすれ違う。低画質のドラレコ画像じゃ、顔が全く判別できないが、目は悪いが美女に対するアイキャッチ性能には自信がある私のμsec単位の認知判断に間違いはない。帽子をかぶり、ワンちゃんを連れて、いかにもな鎌倉奥様の出で立ち。ちょうどその日は、大貫妙子さんのCD『SUNSHOWER』(日本クラウン)を持参して聴いていたので、その雰囲気にもマッチしていたんだ。今や音楽はメディアに保存されたデジタルファイル、いや好きなときに好きな曲が空から降ってくる時代。車にお気に入りのCDを持ち込むって、もはや化石の人なのだろうか?ちょっと前まではカセットテープが死語だったのに・・・。以前にも大貫さんは私がコンプリートアルバム(CD)を目指したいアーティストの一人だと書いたことがあるが(「大貫妙子とグランプリ」)、世間の流れに倣って最近CDの購入頻度自体が滞っている。それでも学生時代からコツコツと買い足して14-5枚はあるかな。実家にはレコードも何枚か。私は透明感のある彼女の声が大好きなんだ。歌っている時より、むしろ普通にしゃべっている声の方が好きかもしれない。