FC2ブログ

クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためだけじゃないクルマ絵本ライブラリー

無骨なSUV

Posted by papayoyo on   0 comments   0 trackback

無骨なSUV1 無骨なSUV2

3日くらい前に愛車のリモコンキー機能が一旦戻ったんだが、また一昨晩から機能不全だ。南北首脳会談の影響だったのだろうが、GW初日の今朝もまだNG。それにしても、つい最近までミサイルで我々を挑発し、実の兄を暗殺し、平気で裏切り者を銃殺刑にできる、そして日本人だけでなく韓国人も含む外国人を国ぐるみで拉致・誘拐する世襲国家の支配者が、突然和平なんて信じられると思うか?事実、大騒ぎの割にはさして具体性もない共同宣言。かつて日朝平壌宣言なんて出されたセンセーショナルな首脳会談もあったよね。それがその後どうなったか…。朝鮮戦争とは米中代理戦争なのだから、中国の意を受けた金―トランプ会談が、本当の首脳交渉になる。もちろん平和を否定する理由はないが、仮に半島が非核化されるとしても、曲者がせめぎ合うこの東アジア地域の核武装最前線が後方に移るだけ、つまり実際は持ち込まれているであろうここ日本が舞台になるということを、日本人はどれくらい真剣に考えているだろうか。自宅の目の前にその最前線があると、他人よりもちょっとだけ斜めに見てしまう。一方、世界がこれだけ大きく動く中で、傲慢財務官僚と中年アイドルのセクハラ問題がトップニュースになるこの国の現実に戻ると、実に情けなくなる。巷のニュースはうんざりなので、やっぱり趣味の世界に逃げちゃおうっと。それもSUVのお話。最近私の琴線に引っかかった2台の渋いSUVの記事からだ。

スポンサーサイト



リモコンキーが…

Posted by papayoyo on   0 comments   0 trackback

リモコンキーが…

4日くらい前から自宅駐車場でリモコンキーが全く効かない。前にも紹介したが、米軍からたまに強力な電波が出ているようで、機能不全に陥るのだ。同じ横須賀市内でもちょっと移動すれば何なくキーは使える。なんつったって、自宅の目の前が米第7艦隊司令部なので、直接的に影響を受ける場所なのだ。で、私はこの電波障害から国際情勢を推し量っていると書いたが、1日や2日ではなかったので何か大きな動きがあると感じていた。やはり動いたね、朝鮮半島が。個人的には金体制下での非核化、南北和平交渉はリスクが大きすぎると思っている。そりゃいずれも実現すれば、良いことなのだろうけど、あの三代目の言葉を信じられるだろうか。国際政治の難しさや怖さをわかってなさそうな米韓大統領なので、したたかな北朝鮮、その背後に控える中共に騙されなければいいけどね。それ以前に政権ボロボロの日本は蚊帳の外。拉致被害者は帰ってくるだろうか。

折り返し点?

Posted by papayoyo on   0 comments   0 trackback

150000km
縦の白い線は傷ではなく、太陽光の関係で生じたもの

昨日朝の通勤時、会社の手前で15万km達成。転勤で往復100kmのクルマ通勤になって丸10年、この5月で11年目を迎える。エクストレイル君に替えて7年半だから、毎年平均すると2万km走った計算になる。目標は30万kmなので、折り返し点だと勝手に思っている。海外では30万kmは珍しくないと聞くが、日本のようにStop & Goが頻繁に繰り返される使い方だと、マメにメンテしないとかなり厳しい目標値である。日本では10万km、あるいは10年が買い替えのタイミングとよく言われるが、先日ある人から、週5日の使用頻度の場合、8年目から急激に故障が増えると言われた。この説が正しければ、マイ・エクストレイル君、まさに今年が要注意。以前にも紹介した燃料計の表示がちょいと変なのと、2月の凍てつくような寒さの日に、信号待ちでエンジンストップする(もちろんすぐにかかったけど)トラブルがあった以外は、すこぶる調子が良いが、ちょいと気になる兆候である。これとは別に、先月むかつく事案でドアミラーに傷を付けられたのだが、この話はまた別の機会に。

日曜日の朝はワーゲンで

Posted by papayoyo on   0 comments   0 trackback

日曜日の朝はワーゲンで

先日の日曜日、芸術系大学のデザイン科をめざして想定内の浪人生となった娘が、美術書を探したいというので、かつて「早く起きた日曜の朝は…」で紹介した湘南T-SITEへ、今度は家族4人で出かけたんだ。花粉症のお父さんにはちょいと辛い風の強い日ではあったものの、すっかり春の陽気でドライブ日和だった。あれから3年、私は会社帰りにちょくちょく立ち寄るけど、お隣にあったカーライフラボの店舗はなくなっちゃったし、このところファミマを含むテナントの撤退が続いているのがちょいと心配だ[1]。

あのJaguar Type-Eが…

Posted by papayoyo on   0 comments   0 trackback

週刊ジャガー・Eタイプ

子どもの頃からの憧れのクルマ、ジャガー、もといジャグアー・Eタイプのリアル模型がディアゴスティーニ、そう、あの大人の「子ども心」を弄ぶ、詐欺のようなあの商法w(小金を持った大人の心理を巧みに突いた商い上手と言い直した方がよいのだろうか)でシリーズ化されるらしい。昔、義理の弟がロボットの組立シリーズを購入し、買い始めたら結局最後まで買わざるを得なくなった、散財です、と嘆いていたことがあるけど、月2,000円弱というサラリーマンのお小遣いの範囲でやり繰り可能な微妙な価格設定、でも最後までやり切れば10万、20万の出費となる。狭小住宅のどこに置くのだという趣味のミニカーに。