クルマの図書館コレクション

今朝、ウォーキングがてらまたまた横須賀中央まで歩いた。先週の中央・諏訪神社に続いて、今週は少し北に位置する、かの三浦按針の二代目が建立したといわれる鹿島神社の例大祭、逸見・吉倉町の夏祭りだ。拙宅のご近所。隣町の吉倉まで下っていくと、祭囃子の太鼓や笛の音色が近づいてくる。防災トンネルを通り、ひと山向こうに抜けると、そこは佐藤さとる先生の故郷、逸見だ。神社の周りでは露天が軒を並べ、ソース系の甘い匂いが胃を刺激する。すでに祭りの昼支度が始まっていた。駅前通りに出ると、逸見衆が山車を引き、神輿を担いでいる。夏祭りの風景のその先には高層マンション。街の背景がスカイツリーの時代になっても、軍艦が「三笠」から「ロナルド・レーガン」の時代になっても祭りは昔のままだ。そこから汐入(こちらも子之神社の例大祭中!)を経て、中央へ着くと、あまり期待しなかったが久しぶりに駅前の古本チェーン店に立ち寄った。そこで棚を眺めていると『クルマの図書館コレクション』と私のアンテナを刺激するタイトルが飛び込んで来た(おっ?)。手に取ると2016年刊の新しい本だ。著者は内野安彦。(知らんなあ)と帯を読むと、『好きなものはなんですか、と問われたら、「図書館めぐりとクルマです」と即座に答える。』とある(おおーっ!)。「古本と横須賀」で書いたように、私の好きなことも「古本屋めぐりとクルマ」だ。これはとんでもない本と著者に出会ってしまったとさらにページをめくると、著者はクルマに関する様々なものを蒐集する癖があるとのことで、多少おカネをかけてコレクションしているものの一つに「クルマの絵本」があると書かれている。おおおーっ!同士ではないか。迷わず帳場にこの本を差し出した。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

はだかのおうさま

“新しい洋服が大好きな王様のところへ、ある日「布職人」と名乗る二人組がやって来た。彼らは「自分たちは馬鹿で愚かな人間には決して見えない不思議な布を織ることが出来る」と言う。王様は喜んで服を注文するが、もちろんその布は王様にも家来にも、そして国民にも見えない。しかし誰もそうだとは言えず、出来上がった服を褒め称える。その服を着てパレードに出かけた王様一行。唯一子どもだけが「王様は裸だ!」と叫んだものの、彼らはパレードを続けるしかなかった。”

かの有名なアンデルセン童話『裸の王様』のあらすじだ[1]。私が幼稚園の年長組のときにこの劇に出たことがある。せりふが完全にふっ飛んでしまい、袖から小声で先生に助け舟を出してもらった苦い経験をよく覚えているので、とても思い出深い。その『裸の王様』に喩えられる方々が、最近ニュースを賑わせている。日大アメフト問題の渦中にいる内田前監督もその一人だろう。この童話には色々な教訓が込められていて、「王様」「家来」「国民」「子ども」が各々比喩になっているが、一番の悪党は“見えるはずもない布を”王様に売って大金を得た二人の詐欺師だ。でも、世間が今ヒステリックに反応しているのは「王様」と「家来」への一点集中。改めて物語を確認すると、結局この世は濡れ手に粟の「詐欺師」が得をするというブラックな話にも読めてくるが、日大の件も本当の悪党が裏でしらっとしていそうだ。
[ 続きを読む ]

ウイスキーは楽しい!

今週の出来事。会社の昼休み、スマホを見ていたら、『サントリー「白州12年」と「響17年」販売休止』のニュースが飛び込んで来た[1]。最近、ジャパニーズ・ウイスキーが海外の品評会で賞を独占するニュースをよく見るようになった[2]。そんな背景もあったのだろう、2014年にはニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝とその妻リタをモデルにした朝の連ドラ「マッサン」も放送され、初の外国人ヒロイン効果もあって、昨今のウイスキー人気に火が付いた。そのブームが裏目に出た恰好の今回のニュース。サントリーの主力商品「白州12年」と「響17年」の原酒が不足し、販売を休止せざるを得なくなったという。世のブームを支えるのはたいがい女性だ。昔は臭い(いわゆるウイスキー独特のピート香といわれるもの)とか言われて、特に女性からは敬遠されていた酒だったのに、最近は「モルト女子」なる言葉もあるようで[3](なんでも“女子”を付ければいいってもんでもなかろう)、モルト好きオッサンにとっては隔世の感がある。ウイスキーの熟成には10年以上かかるから、同ラベル商品はしばらく味わえなくなる。「白州」はノーマルラベルだったと思うが、何年か前にウイスキーの試飲イベントに出かけたことがあって、そこで飲んで以来だ(そのイベント参加者も女性だらけだったね)。ちょうど愛飲するスコッチ「ラフロイグ」が切れたタイミングだったので、これは品切れになる前にノーマルラベルでも買ってみるかと会社を早く上がってリカーショップへと直行してみたんだ。
[ 続きを読む ]

横須賀ブロークンアロー2

(「横須賀ブロークンアロー(上)」のつづき)50年以上前に長崎に住んでいたことがある。平和公園に行った記憶もかすかに残ってはいるが、もちろん長崎の史実など知る由もない幼な子の頃である。あの日から72年も経ってしまうと、メモリアルデーも淡々と過ぎてしまう。ここ横須賀も先週末は「よこすか開国祭」でベースや海自の基地が開放され、北朝鮮の挑発なんてどこ吹く風、どうせミサイルなんか飛んで来ないだろうと近代兵器の見学に多くの人が興じていた。そんな世間様にとって、ヨコスカに水爆が保管されていたらという本書のプロットは、「あっ、そう」くらいの反応しかないのかもしれない。だって広島・長崎どころか、あの戦争をリアルに知る者たちがあとほんのわずか。人間という生き物は経験・体験をしないと本当の学習をしない。戦争のコトを自分も含め戦争を知らない者が教わったところで知識以上の何かを得ることはできない。ただその知識を使ってイマジネーションを膨らませることはできる。世界の指導者たちはほとんど戦争知らない世代だし、1万キロ以上離れた国のイカレた殿様たちに、人類の未来をイメージする力があるとも思えない。戦後70年以上たった今、「3度目の正直」のリスクが高まることは歴史の必然なのかもしれない。わずかではあるが人類の理性と想像力を信じて話を進める。
[ 続きを読む ]

横須賀ブロークンアロー

ちょっと前に、横須賀在住の作家・山田深夜さんの記事[1]に目が留まった。『横須賀ブロークンアロー』(双葉文庫)という横須賀を舞台にしたミステリー小説が文庫本化されたというものだった。主人公は公安の警察官。冒険・ミステリー小説がけっこう好きな私は地元ヨコスカが舞台なのと、ちょうどその頃、小栗旬、西島秀俊のダブル主演で、彼らの約7分間に及ぶノーカットアクションシーンが話題になるなど、ダメダメなフジテレビにしては久しぶりに面白いなと思って録画して見ていた『CRISIS公安機動捜査隊特捜班』(制作は関テレなんだけどね)が、やはり公安捜査官をテーマにしたドラマだったこと、そして強面の安倍官邸の背後には公安警察出身者が見え隠れするなんて話を聞くと[2][3]、世は公安“ブーム”かとノーテンキにこの文庫本を購入したのだ。上下2巻、1,400頁を超える超大作なんだが、先月ぎっくり腰で数日会社を休んだときに一気に読み終えてしまった。
[ 続きを読む ]



最近の記事