F81 HMS Sutherland
出典:https://www.facebook.com/USNavy/

ずーっと愛車エクストレイル君のリモコンキーが機能障害だったんだが、5月になってようやく復帰したようだ。先日ニュースを検索していると、先月27日と28日両日、関東南方の海域で英海軍と海上自衛隊による初の共同訓練が行われたと29日に防衛省から発表された記事が目に止まった[1]。海自からは護衛艦「すずなみ」や補給艦「ときわ」、P1哨戒機、潜水艦が参加し、英海軍からはフリゲート艦「サザーランド」が参加した。おっ、これは「サザーランド」が自宅から確認できると思ったが、30日から5月上旬まで、北朝鮮による洋上での違法な物資の移し替え、いわゆる「瀬取り」の監視業務に就く予定[2]ということで、既に横須賀を出港した後だったんだ。調べてみると、「サザーランド」が横須賀に入港したのは先月11日(なんで気づけへんかったんや!)、リモコンキーが効かなくなり始めたのも、その少し後からだ。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

MIB

「UFO調査、米国防総省(ペンタゴン)が極秘実施」、先日こんな記事のタイトルが目に入った。また、ムーとかトカナの怪しい記事だろうと思ったら、情報ソースはあのニューヨーク・タイムズである[1][2]。NHK[3]がいつもの生真面目なスタイルで報道していたり、日刊工業新聞(電子版)[4]もご丁寧にイラスト付(!)で取り上げているのが面白い(UFOを新しい工業製品として捉えているのか?)。記事によれば、ブッシュ政権の2007年にハリー・リード元上院議員の要請で極秘裏に調査をスタート、‘12年まで約2,200万ドル(約24億円)を投じ(調査費のほとんどが特定の某航空宇宙関連企業に流れているらしく、不正会計疑惑の文脈の中での記事なのか?)、米軍が任務中に遭遇した飛行物体の調査や安全保障に与える脅威を評価したという。ロイターの取材に対し、ペンタゴンも計画の存在は認めているという。CNNの報道[5]によれば、この調査プロジェクトを率いていた元国防総省の高官、ルイス・エリゾンド氏はインタビューの中で、地球外生命体が地球に到達している証拠はあると確信すると語ったというから、これまでこの手の情報にありがちなタブロイド誌的ネタとはちょっと雰囲気が違うようである。『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』のまさに公開タイミングということに、ちょいと穿った見方もしてしまうが、実は私も妻と一緒にこの横須賀で、しかも自宅から見える米海軍や海自基地の目と鼻の先で、かつて数十機のUFOを目撃したことがあるのだ。だから、未知なる飛行物体は存在すると確信している。それが宇宙人の乗り物かどうかは別として。
[ 続きを読む ]

戦闘機―英独航空決戦―

先月の末、前から行きたかった『ダンケルク』を近所の映画館に観に行った。イラストレーターの川原瑞丸さんは、この映画を評して「とにもかくにもスピットファイア」とツイートしているが、確かにこの映画の主役の一つだと思った。とにもかくにもスピットファイアの機体が美しい、いや美しすぎるのだ。それゆえ、戦争の非情さとのギャップが際立つ。
[ 続きを読む ]

Dupuy-de-Lôme A759
出典:https://en.wikipedia.org/wiki/French_ship_Dupuy_de_L%C3%B4me_(A759)

7月末の記事で、拙宅から見える米海軍横須賀基地に停泊する謎の艦船について言及した。今日、その謎が解けた。フランス海軍の情報収集艦『デュピュイ・ド・ローム(Dupuy-de-Lôme A759)』だった。画像を見る限り間違いない。先日ここから出航していった空母『ロナルド・レーガン』の公式ツイッターにアップされていた動画に映り込んでいて、あれは何だとニュースになっていたからだ[1]。

[ 続きを読む ]

自転車ヒヤリシーン#0

冒頭の写真、クリックすると拡大できますが、昨晩撮影したマイカーのドライブレコーダー画像です。昨夜の国道134号は渋滞が酷かった。横断歩道手前で信号待ちしている場面ですが、JAFの冊子によくある危険予知訓練風に、このとき、あなたは何に注意しますか?
[ 続きを読む ]



最近の記事