ポストマン パット ははのひのおくりもの

通勤途中に音楽を聴いていたら、カーペンターズの『プリーズ・ミスター・ポストマン』が流れて来た。小学6年生くらいだったかな、同級生にファンがいたので、初めてレコード(ドーナッツ盤)を借りて聴いたカーペンターズの曲がこれだった。中学の頃にもディクテーションした歌詞をそれらしく器用にカタカナ英語で歌うヤツがいて、やけに耳に残っている曲なんだ。ビートルズのリアル世代ではないので、彼らの曲の多くはジョン・デンバーとかオリビア・ニュートン・ジョン、そしてこのカーペンターズから知ったものだが、これもビートルズの曲だと思っていた。でも、オリジナルはモータウンレーベルのマーヴェレッツというグループの歌だった。ビルボードでも1位を獲得している名曲だが、僕らの世代はやっぱりカーペンターズのカヴァーがNo.1。前置きはこのくらいにして、先週の日曜は母の日。我が家では娘しかお母さんにプレゼントはしておらず、男組二人は「何それ?」ってなもんだ。もちろん、私の二人の母も、もうこの世にはいない。特に実母にはホント、何もしてあげなかったなあと、今日紹介する絵本を読んで自分の親不孝を少し恥じた(もう遅いけど)。『ポストマン パット ははのひのおくりもの(原題は“Postman Pat Makes a Present”)』(ジョン・カンリフ:文、ジェーン・ヒクソン:絵、アイバー・ウッド:オリジナルテレビ版デザイン、おびか ゆうこ:訳、フジテレビ出版)、ポストマン パット ビギナーズシリーズの1冊である。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

あかいじどうしゃ よんまるさん

無骨なSUV」には実はもう一台紹介したいクルマの記事があったんだよ。それが本日、久しぶりにネタにするクルマの絵本『あかいじどうしゃ よんまるさん』(堀川 真・作、福音館書店こどものとも通巻615号)のモデルであるトヨタ・ランドクルーザー40系(通称よんまる)に関するものだ。
[ 続きを読む ]

ミニキャブのレオン

昨秋に紹介した横須賀・追浜に誕生した絵本カフェ「カメリア」(「坂道、いや階(怪)段王国よこすか」)。日本児童文芸家協会正会員でもある店主がクルマの物語を書いているとブログで拝見して、年明けに再びお邪魔した。吾輩のクルマノエホン蔵書を抱えて。今日はその追浜発・クルマの絵本『ミニキャブのレオン』(いわなべ仙吉・文、いしわたこう・絵、関川日出雄・私家版)を紹介しよう。追浜といえば自動車の街、クルマ絵本では知る人ぞ知る『ダットさん』(教育画劇)があるけれども、ここにオッパマ・クルマ絵本が新たに加わった。
[ 続きを読む ]

Sleepy Cadillac

GMとともに』を紹介した流れで今宵はキャデラック(キャディラックとどっちの表記が一般的なんだろ?)の絵本を。大昔、'59年式キャデラック・コンバーチブル・クーペの登場する『ねえ、まだつかないの?』(リブリオ出版)を紹介したことがある。この“Sleepy Cadillac: A Bedtime Drive”(Thacher Hurd・作、Harpercollins)もブルーの'59年コンバチ・クーペが今度は正真正銘の主人公として登場する絵本だ。これは昔よくお邪魔していたasukaさんというシアトル在住のお母さんによる絵本紹介ブログ「asuka's booktree 絵本手帖」(残念ながら現在非公開)で初めて知った。どんな紹介をされていたかは忘れてしまったけど、彼女の記事はアメリカならではの絵本との関係性や教材としての意味だったりと、とても参考になった(教育関係のお仕事をされていたのではなかったかな?)。モータリゼーション発祥の国らしいこの絵本のことや、日本ではあまり馴染みのないNASCAR(映画『カーズ』の舞台、アメリカでは大人気のオーバルレース)を題材にしたABC絵本“For the Love of NASCAR”なんかも教えてもらって、大人から子供までアメリカ人の自動車愛というものを痛感させられたんだ。ガキが初めて手にするであろう「あいうえお」絵本が、全編ド派手な自動車レースネタなんだぜ。そりゃ、ワイスピのような悪童が育つわw。
[ 続きを読む ]

タクシーのすきな犬

戌年が明けました。相変わらずたいしてつまらぬマニアックなテーマの、しかも更新頻度も少ないブログにお立ち寄り頂き、心より感謝申し上げます。今年1冊目のクルマノエホンはやはり犬とクルマが主人公の絵本にしたいと思います。タイトルは『タクシーのすきな犬』(スベン・オットー・作、奥田継夫・木村由利子・訳、評論社)という新年に相応しい最後はめでたい絵本です。原題は“Taxa-Hunden Jesper”といってデンマークの絵本になります。デンマーク本の紹介は初めてですね。直訳すればデンマーク語で『タクシー犬、イェスパー』。原著は1977年初版、翻訳版も1979年(昭和54年)に出されたなかなかの時代物です。物語の舞台もかなり昔の設定です。
[ 続きを読む ]



最近の記事